泉州タオルの歴史


JOGANは大阪泉州に自社工場を置く、創業75年の会社です。
タオルの生産ちと聞くと多くの人は今治がすぐに出てきてしまいますが、実は日本の三大タオル生産地にあげれるほど、先週はタオル生産が盛んな地域です。
このことをぜひ、知っていただきたく、今回は泉州タオルの歴史を紹介させていただきます。


明治20年 日本タオル産業発祥の地 大阪「泉州タオル 大阪:泉州タオルの起源は明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉がドイツ製タオルを入手し、 日本でも大いに需要が見込めるとして、泉佐野市の白木綿業者、里井圓治郎にその製織の研究を奨めたことにはじまります。 タオルは以前からも国内へ輸入されていましたが、肌触りがよく、保温性・通気性に優れていたことや当時高価であったことから、 主に襟巻として用いられていたといいます。 里井は、その製織法の研究に没頭し、苦心の末、明治20年に筬「おさ」のテリーモーションを利用して輪奈(パイル)をつくる「打出機」を考案、 タオル製織に成功、その製品をカルキで晒したことから我が国初の後晒タオルが誕生しました。 これを機に大阪:「泉州タオル」は日本タオル産業発祥の地として発展し続けています。



タオルの地、泉州で75年

明治20年 日本タオル産業発祥の地 大阪「泉州タオル 大阪:泉州タオルの起源は明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉がドイツ製タオルを入手し、 日本でも大いに需要が見込めるとして、泉佐野市の白木綿業者、里井圓治郎にその製織の研究を奨めたことにはじまります。 タオルは以前からも国内へ輸入されていましたが、肌触りがよく、保温性・通気性に優れていたことや当時高価であったことから、 主に襟巻として用いられていたといいます。 里井は、その製織法の研究に没頭し、苦心の末、明治20年に筬「おさ」のテリーモーションを利用して輪奈(パイル)をつくる「打出機」を考案、 タオル製織に成功、その製品をカルキで晒したことから我が国初の後晒タオルが誕生しました。 これを機に大阪:「泉州タオル」は日本タオル産業発祥の地として発展し続けています。



成願は歴史のある泉州タオルを守りつつ、新たな開発により泉州タオルの活性化とサスティナブルに取り組んでいます。
また新しい技術もどんどん取り入れ泉州タオルを世界一のタオルにしたいと思っています。
これからも泉州タオルをぜひ、応援してください。